皆で備える万が一と和風スイーツ

大阪府北部地震から、早くも2ヶ月が経ちました。

皆様のお住まい、職場などは、何事もございませんでしたか?

 

余震も徐々に治まってきてはいますが、天災は、忘れた頃に来るもの、特に私達由寿会は、利用者様の生活の空間を提供しています

 

万が一の事態においても安心して過ごして頂けるように、備蓄用食料のサンプルの試食会を開きました。

 

備蓄用食料 サンプル

備蓄用食料のサンプルの試食会

 

ホリカフーズ様や、非常食研究所様にサンプルを提供して頂き、沢山のサンプルを試食しました。

 

湯煎して食べられる缶詰め常温の水を注いで一時間で食べられるご飯既に完成された物が、パウチに詰められ、封を切って取り出すと、そのまま食べられるカレーなどのワンプレートタイプの物など様々な非常食を試食しました。

 

 

因みに、こちらのパウチに入っていた非常食は、ご飯が、元々軟飯で付属のスプーンで崩していくと、刻み食やミキサー食にもなるとの事でした。

 

便利ですね☆

 

 

 

 

また、今回の試食会は、由寿会全体の取り組みの1つとして、出来るだけ沢山の意見を出し合えるように、栄養課だけでなく、総務課や介護課など多職種で行いました!!

 

多職種連携

多職種連携 試食会

 

参加した職員からは、有事の際に火が使えなくても食べれるものや、水のみで作れる食事が、思った以上に美味しかったとの意見が多く聞けました。

 

 

今後30年の間に首都直下型地震がいつ起きてもおかしくないと言われています。

 

有事の際にも出来るだけ、整った状態で、ご利用者様に過ごして頂けるよう、話し合っていきたいと思います。

 

 

 

そして・・・・

この日は、もう1つ!

 

たまり醤油マドレーヌ

たまり醤油マドレーヌ

 

東大阪大学東大阪大学短期大学部が地元、東大阪の企業である、星鶴醸造株式会社とコラボして作ったスイーツを頂きました!!

 

産学連携開発商品として、たまり醤油を使ったマドレーヌ、「たまり醤油マドレーヌ」

 

一口目には、バターの風味がして、後味にたまり醤油の香りがする和風スイーツでした。

上にトッピングしてあるアーモンドもアクセントとなり、美味しかったです!!

 

今後、新しい事業や人材の確保、様々な分野、企業との連携の為にも素敵な取り組みだと思います。

 

ブログ担当:栄養課 村上

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA