水耕栽培日記5~トマトのアイコ~

まだ、5月ですが、連日暑い日が続いていますね。

北の国、北海道でも、なんと35℃という記録的な猛暑というニュースもあります。

box1

 

 

こんなに暑いと、水浴びでもしたくなりますね💦💦

アーバンケア御厨の胡蝶蘭も屋上庭園で日光浴と水浴びをして、健やかに育っています!

 

 

皆様も、適度な休息と小まめな水分補給をして、熱中症に気をつけてください。

 

 

さて、今回は、水耕栽培の様子を、お伝えしたいと思います。

トマトのアイコです。

たっぷりの日光を浴びて、すくすく大きくなっています。

 

 

可愛らしい黄色の花も沢山咲いて、

 

 

まだまだ、青くて小さな赤ちゃんですが、少しずつ実っています。

 

 

 

 

アイコは、もう少し時間がかかりますが、真っ赤に実ったら、こんなにおいしそうなトマトになる予定です!

アイコは、日本のサカタのタネというタネ屋さんをしている会社が2004年に開発した品種で、世に出てから比較的歴史の浅い新しいトマトだそうです。
今ではスーパーでは当たり前のように置いてあり、トマトの中でも人気の高い品種となりました。

 

果肉は緻密でかっちりしといて、中のゼリーは少なめ、酸味が少なくて甘みの強いとのことです。

 

 

 

アーバンケア御厨のアイコも、暑さに負けないよう、たくさんの水分をしっかり摂って日々大きく育ち、後、1月ほどで、迎えられるであろう収穫を今から楽しみにしています!!

 

ブログ担当:栄養課 村上

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA