令和初の鏡開き ~あったかい善哉~

皆さん、こんにちは。

アーバンケア御厨、栄養課の村上です。

 

今日は、成人の日ですね。

朝から、晴れ着に身を包んだ新成人のニュースで賑わっています。

今年から、新成人になれる方、おめでとうございます。

 

 

さて、今回は、先日提供しました、鏡開きの善哉について報告させて頂きます。

 

アーバンケア御厨では、毎年、鏡開きの日のおやつとして、フロアで温めた、善哉を提供しています。

アーバンケア御厨 鏡開きのぜんざい 関西は、1/11 もち麩で安全に提供

アーバンケア御厨 鏡開きのぜんざい 関西は、1/11 もち麩で安全に提供 アーバンケア御厨 鏡開きのぜんざい 関西は、1/11 もち麩で安全に提供  アーバンケア御厨 鏡開きのぜんざい 関西は、1/11 もち麩で安全に提供

 

 

「久しぶりに食べたら、美味しいな」

 

「あったまるわ、おかわりしたいくらいやね」

 

と、寒さが厳しくなるこの季節、温かくて甘い善哉は、好評です。

 

お汁粉や、善哉に入っている物と言えば、お正月の間、飾っていた鏡餅を開いて入れる方が多いと思いますが、アーバンケア御厨では、喉詰めの危険性を考慮して、お餅の代わりに柔らかい「もち麩」を入れています。

 

アーバンケア御厨 鏡開きのぜんざい 関西は、1/11 もち麩で安全に提供

「あれ、この餅、伸びないね・・?」

 

と不思議そうにされる利用者様もおられますが、御厨では出来るだけ利用者様に安全なお食事を提供することを考えていますので、形だけ似ている「もち麩」で提供させて頂いています。

 

 

これからも、利用者様の安全を考慮しつつ、喜んで頂けるようなお食事を提供していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です