令和元年スタート!~御厨のこどもの日~

ついに新しい年号、「令和」が始まりましたね!

平成と同じく、令和も、アーバンケア御厨をよろしくお願いします!

 

 

昨日は、令和になって初めての行事、「こどもの日」でした。

 

 

アーバンケア御厨のご利用者様には、少しでも気分を味わって頂こうと、フロアに職員お手製の小さな鯉のぼりを飾ったり、この期間のお風呂に菖蒲を入れたりしました。

 

因みに、こどもの日に菖蒲湯に入る理由としては、

 

1、菖蒲が「勝負(しょうぶ)」に通じるという縁起担ぎ

2、中国で古くから漢方の湯治療のひとつとして入られていた菖蒲湯が日本でも流行った

3、菖蒲は邪気を祓うと言われていたため、端午の節句には菖蒲湯に入って邪気を祓っていた

など、様々な諸説があるそうです。

「菖蒲」の画像検索結果

 

 

小さな鯉のぼりは、食卓に乗るくらいのミニサイズでしたので、食事中にチラッと見ながら、

「かわいいな~」

「仲良く、泳いでいるわ~」

を微笑んでおられました。

 

 

そして、この日の食事は、

薄焼き卵で巻いた巻き寿司、稲荷寿司、里芋のそぼろ煮、赤出汁

と、人気のメニューでした!!

 

アーバンケア御厨でも、お寿司は、お好きな利用者様が多い為、いつもより完食される方も沢山いらっしゃいました。

 

 

菖蒲湯に浸かって身体を温め、美味しい食事を召し上がり、令和の時代も元気にお過ごしいただけるようにアーバンケア御厨として取り組んでいきたいと思います!

 

ブログ担当:栄養課 村上

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です