アーバンケア御厨からのお知らせ

皆さん、こんにちは。

特別養護老人ホーム アーバンケア御厨 管理者の菅原です。

新型コロナウイルスの感染拡大が治まらない中、インフルエンザが流行する時期になってしまいました。

私たち介護現場で働く者にとって、非常に脅威です。

幸いなことに、私共の施設ではご入居者様、職員共に新型コロナウイルスの感染者は出ていない現状ではありますが、今後も気を緩めることなく、感染症予防に努めてまいります。

大阪府内では、高齢者の方の感染が増加しています。

高齢者が感染すると、重症化する危険が高くなります。

高齢者の方と日常的に関わる介護現場・医療現場の職員は、自分達が感染しないように、職場にウイルスを持ち込まないように、他の職種以上に感染症予防に必死で取り組んでいます。

世間では徐々に新型コロナウイルスに対しての制限を緩和する流れになってきています。

しかし、今後、インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行が考えられる状況で、介護現場や医療現場では今まで以上に緊張感を持って働かなければなりません。

特別養護老人ホーム アーバンケア御厨では、これまでも家族様の面会を中止して頂くという制限を設けておりますが、今後も面会中止については継続させて頂きます。

これまでも、「いつから面会が再開しますか?」というようなご質問を頂くことはありましたが、新型コロナウイルスは症状が無くても感染している危険があります。家族様が感染源になる可能性もあります。冒頭でも記載しておりますが、高齢者が感染すると重症化する危険が高くなります!!

ご理解のほどよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です