ひな祭り~ちらし寿司~三色桜ゼリー

皆さん、こんにちは。
アーバンケア御厨 生活介護課の岸本です。

 

3月3日はひな祭り🎎
女の子の成長を祈る年中行事で、桃の節句とも呼ばれますね。
ひな(ひいな)とは、小さくて可愛らしい物という意味です。

 

ひな祭りはいつから始まったのか?
諸説ありますが、平安時代の京都で、貴族の遊びとして行われていたものからだというお話しもあります。

 

ひな祭りの日のご馳走と言えば、ちらし寿司と蛤のお吸い物ですよね。
ちらし寿司は色々な具材を混ぜ合わせて作る事から、将来食べ物に困りませんようにという願いが、お吸い物に蛤を選ぶのは、貝殻のようにぴったりと合う生涯のパートナーと出会い、一生を添い遂げられますようにという願いがそれぞれ込められているそうです。

 

アーバンケア御厨のひな祭りの日の昼食にもちらし寿司が!

ひな祭り 桃の節句 ちらし寿司 3月の行事食 特別養護老人ホームアーバンケア御厨

献立表には”桜寿司“とありました。
サーモンのピンク色、いくらのオレンジ色、卵の黄色など、色とりどりで春らしいお寿司です。

 

この日のおやつは三色桜ゼリーでした。
菱餅と桜をイメージした可愛いお菓子です。

ひな祭り 桃の節句 ちらし寿司 3月の行事食 特別養護老人ホームアーバンケア御厨

ひな人形には女の子の厄を引き受ける役目があり、災いを遠ざけるという意味でも出来るだけ早く片付けた方が良いそうで、日にち的には啓蟄の日の頃が良いとされています。

 

「明日になったら居てないんやなぁ…」と名残惜しそうにお人形を眺められていた方もいらっしゃいました。
来年もまた可愛いお雛様に会えますように!

ひな祭り 桃の節句 ちらし寿司 3月の行事食 特別養護老人ホームアーバンケア御厨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です